« 春のネイチャーゲームの開催 | トップページ | 「城東白鳥子ども会」シェアリングネイチャー体験 »

春のネイチャーゲーム

4月26日(日)に「春のネイチャーゲーム」を行いました。happy01

場所は、県立満濃池森林公園で、9時半から11時半で行い、気持ちの良い春日よりで、こども、おとな合わせて27人の方々が参加してくれました。

ネイチャーゲームは、初めてという方が多く、まず、はじめに「ノーズ」から行いました。

Cimg1527
何個かのヒントから、ある生き物を当てるゲームで、それぞれの特徴が良くわかるゲームを行いました。

次に「葉っぱのコレクション」と言う、新しいネイチャーゲームをしました。

2015426jpg_009
「スベスベした葉っぱ」や「まんまるな葉っぱ」「あながたくさん空いた葉っぱ」などを

順番に拾って来てもらい、お題に一番近い葉っぱを選ぶゲームです。

Cimg1529
木の葉には、いろいろな違いがあり、同じ種類の木の葉でも微妙に違いがあることに

気づかされたゲームでしたね。happy01

次には、「ミラーウォーク」と言うふしぎな体験をしてもらいました。

Cimg1535
鏡に空が写るように持ってもらい林の中を歩くゲームです。

木の枝が写り込み、まるで枝から枝へ飛んでいるように感じられます。

4番目には、「楊枝を使ったカモフラージュ」を行いました。

Cimg1541
5色に塗り分けた楊枝を虫に見立てて芝生にばら撒き、それを鳥の目になったつもりで探すゲームを行いました。

黒色の楊枝が見つかりにくく、時間切れとなり、残念 weep

最後に「大地の鼓動」と言うゲームを行いました。

Cimg1548
大地から音 sign02

聴診器を地面に付けるといろんな音が聞こえてきます。ひとの歩く音や木々が風にゆられ、それが地面に伝わってくる音、川の流れる音、遠くから響いてくる音など、さまざまな音が聞こえてきます。

地面は、その音を拾って大地で生活している生き物たちに伝えているんですね。音に敏感な生き物たちは、危険を察知したり、食べ物や飲み水を見つけたりする大切な役目になっているのだと思います。

以上で春のネイチャーゲームは終わりました。

参加してくださった皆さんありがとうございました。また、次回お会いできる日を楽しみにお待ちしております。

« 春のネイチャーゲームの開催 | トップページ | 「城東白鳥子ども会」シェアリングネイチャー体験 »

ネイチャーゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

無料ブログはココログ